環境への取り組み

株式会社トーチ(エコエコパワー)は「Fun to Share」に賛同しています

「Fun to Share」とは、「最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、
低炭素社会を作っていこうよ!」という合言葉。
目標に向けてガマンしながら必死に頑張るのではなく、
毎日を楽しく暮らしながら、低炭素社会を作ろうという発想です。

「Fun to Share」とは、「最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、低炭素社会を作っていこうよ!」という合言葉。
目標に向けてガマンしながら必死に頑張るのではなく、毎日を楽しく暮らしながら、低炭素社会を作ろうという発想です。

私たちは消費者の観点で考えることにより価値あるリユース商品の開発を行っています。
消費者のコスト問題を消化し、環境負荷軽減の効果も備えたサービスを提供することで、
より多くの方が自然な形で環境運動に参加できると考えています。

  • 株式会社トーチ(エコエコパワー)では、
    「リサイクルバッテリーで、低炭素社会へ。」をスローガンに
    工具バッテリーのリユース、鉛蓄電池の再生、工具の修理など
    常にリユースをテーマに活動しています。

低炭素社会の実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」

株式会社トーチ(エコエコパワー)のFun to Share宣言

また当社では、以下の低炭素アクションにも賛同し、積極的に取り組んでいます。

3R活動を実践しています

当社では経済産業省による環境と経済が両立する循環型社会を形成するための政策、「資源循環型社会」の実現を目指して以下のような活動を行っています。

3R(スリーアール)は、環境と経済が両立した循環型社会を形成していくための3つの取り組みの頭文字をとったものです。3Rは、リデュース、リユース、リサイクルの順番で取り組むことが求められています。

  1. Reduce(リデュース:廃棄物の発生抑制)
    省資源化や長寿命化といった取り組みを通じて製品の製造、流通、使用などに係る資源利用効率を高め、廃棄物とならざるを得ない形での資源の利用を極力少なくする。
  2. Reuse(リユース:再使用)
    一旦使用された製品を回収し、必要に応じて適切な処置を施しつつ製品として再使用を図る。または、再使用可能な部品の利用を図る。
  3. Recycle(リサイクル:再資源化)
    一旦使用された製品や製品の製造に伴い発生した副産物を回収し、原材料としての利用(マテリアルリサイクル)または焼却熱のエネルギーとしての利用(サーマルリサイクル)を図る。

〜 当社の「資源循環型社会」への主な取り組み 〜


過剰梱包の廃止、ペーパーレスの業務管理などゴミを出さなくて済む様な業務設計を試みています。

リサイクルトナー、リサイクルバッテリー、工具修理などリユースをテーマにした商品開発で循環型社会に貢献します。

廃電池、非鉄、廃プラ、段ボール、古紙など指定業者の指導の下、資源リサイクルに適した形で分別する努力を続けます。

今後も限りある地球の資源を大切に、環境に優しい社会作りのため、出来る事から活動していきます。